シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九州ツー・九重~諸塚へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008/11/26

九重。
これは
・くじゅう
・くえ
・ここのえ
どれが正しい読み方なのでしょう~^^;
寒い朝。それでもエンジンに火を入れ、バイクを走らせました。


前日、7時前に寝たため、6時頃起きましたが、寒くて、日が昇るまでテントでうだうだ。
そういえば、福岡で購入した、ULダウンハガーの#3で寝る初夜でした。
初夜って書くとエッチ?
以前使用していたモンベルのSuperタフバッグ#4に較べると、軽い、暖かい、その上コンパクト。
早く買えば良かったと思いましたね・・・。しかし、ホントにコンパクト。
以前使っていたシュラフは、学生のときに買った物で、今でも使えている、という信頼から、
次に選択するシュラフも、モンベルと決めておりました。
(しかしこれを書いている今は、#2か#1を買えばよかったかなぁ・・・と)
話がそれましたが、この日は冷えた体を温めようと、朝から温泉を目指しました。
それと、神経痛?見たいな様で、手がしびれるので、湯治もかねて、神経痛によさそうな温泉を
TM(ツーリングマップル)で探します。

たまたま通りがかった九重の名水をボトルに詰めて・・夜はこれで飯を炊きました。

ここは山里の湯。この辺は炭酸泉、”ラムネ温泉”とか呼ばれていて、
温泉成分に炭酸が含まれています。おかみさんが、入り方をレクチャーしてくれました。
湯船は(画像ないですけど)2つあって、普通の温度、ややぬるめの二つがあります。
ややぬる→普通と行くのが入り方とのことで、その通りに。
貸切でしたね~。平日でしたし。またぬるめのお湯でいつまでも入ってられました。
東京でも、人口炭酸泉の湯は入ったことがあるのですが、やはり自然の炭酸泉はよく効きそう。
しかし、入浴料が安い。400円。
今どき、銭湯でも400円以上はするのではないでしょうか。
その上、効能もバッチシとくれば、言うことないですね~~。

さて、この日は林道に行きたくってしょうがない症候群だったので、諸塚へ抜けられそうな林道を探します。
目に付いたのは「大仁多スカイライン」
林道の癖にスカイラインとは何ぞや?と思い向かってみます。
で、次の日は諸塚で林道三昧じゃ~~とこのときは考えておりました。

さすがにスカイラインだけあって、普通の林道、でも走りやすかったですねぇ。
ただ、この日、移動距離が多く、この時、既に15時半。
日が沈みだすのが、4時半くらいだったので、ヤバイ、テン場に着くと暗くなってしまう・・
と思い、急いでキャンプ場へ向かいます。

今日の宿泊地は、並さんから聞いていた、池の窪グリーンパーク。
とても優しいおばちゃんがいるところです。
が、
着いたが誰も居らず。電話しても無人の事務所の電話が鳴るだけ。
既にあたりは暗くなってきましたので、次の日にお金を、と思い、テントを張らせてもらいました。
テントを張ってからすぐ、近くにある(といっても5kmくらい離れているか)曙という温泉へ。

温泉から帰り、炊事場で焚き火。
もちろん他に誰も居りません。
枯れはと小枝が沢山ありましたので、火が良く燃え上がり。
事務所近くに薪がありましたので、そちらをひと束いただき、豪快に焚き火を楽しみました。
ここで、次の日の天気をチェックすると、雨の予報。
炊事場を出れば、夜空には満点の星なのに・・・。
雨で林道はちときついなぁ、、と思い、早朝に出発し、宮崎方面へ進路を変更、となりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たそがれライダー より:

    九重は「くじゅう」とよみますバイ。(^^;
    ソロキャンプ、野宿もいいですねぇ
    今年は、あまりできなかったなぁ~
    来年はジェベルで野宿をたくさん、楽しみたいとおもいますよ。

  2. 半クラ! より:

    大仁多スカイラインは林道デビューのコースでした。
    凄く景色がよくって感動しましたよ。
    諸塚辺りは林道の宝庫ですからねぇ。

  3. JOHN より:

    くえ   は不正解です。
    くじゅう       です。
    でも、くじゅうはくじゅうでも
    久住 と 九重 とあるので。
    しかし、走りますねぇ…。
    ワタシだと、もうダウンですわ。

  4. indigo より:

    たそがれさん、どうもです~。
    ソロキャンプ、やっぱり焚き火でぼけ~っとしてますが
    最高の時間ですバイ。
    >来年はジェベルで野宿をたくさん
    良いですね!ジェベ君も喜ぶことでしょう。
    またご一緒できたら嬉しいです^^
    半クラさん、どうもです~。
    なんと、半クラさんのデビュー地だったのですね!
    上のほう景観が開けて、野営もできそうですね。
    諸塚、いつか拠点を張って、まわってみたいです。
    でも、あの辺寒いですねぇ^^;
    JOHNさん、どもです~。
    なるほど、たそがれさんご指摘の通り、くじゅうなのですね~。
    はじめてみた時ずっと「クエっ」「クエッ」と読んでました(笑)
    距離は結構走りますが、見逃しているところ多数かもです^^;
    もっと余裕の走行で行かないと^^;

  5. 半クラ! より:

    九重。
    「くじゅう」と読んだり、「ここのえ」とも読んだりしますね。
    また、同じ「くじゅう」でも、久住とか書く所もあるんですよ。
    なにか由来でもあるのでしょうね?

  6. indigo より:

    半クラ!さん、どうもです~。
    >「ここのえ」とも読んだりしますね。
    そう、そうなんですよ。
    由布院から高速に乗って、九重を通り過ぎるとき、ローマ字表記で「ここのえ」ってあったので(確か・・)疑問に。
    でもPCだと「ここのえ」でも「くじゅう」でも両方変換されますね(笑)
    まあ、意味が通じれば良いので「くじゅう」で行こうと思います(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です