シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直火について考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直火の焚き火はいけないと漠然と考えていましたが、何故いけないの?
というところまで掘り下げていませんでしたので、調べてみました。


1)山火事の危険性がある
2)地中のバクテリアなどが死ぬ
3)焚き火後、その場所の景観を汚す
4)余計なもん燃やして、CO2を増やす=温暖化につながる
っていうのが大まかなところでしょうか。
(他にもあったら教えてください)
1)3)4)はわかる。
1)の解→だから火の粉が飛ばないように焚き火台を使います。消し水も用意します。
3)の解→灰は土に埋めて帰ります。
4)の解→木以外は燃しません。
2)はどうなんだろう。

これ、NHKスペシャルでやってたのですが、地上の生命はコレで完全に絶滅するのだそうな。
(しかし、このCGはすばらしいですね、これ見てから受信料を払うようになりましたw)
しかし、地上のものはすべて焼き払われた後、衝突より地球上が雲に覆われ、太陽光が届かなくなり、
氷河期が来るのだそうな。
そうすると地球は氷に覆われたようになり、灼熱の地球から凍りついた地球になると。
でもね、永久凍土の状態になって、数千年後、それでも地中ふかぁ~~~くにバクテリアが住んでいて
そいつらは生きているのだという。
そこから、また新しい生命が生まれるのだという。
それを考えると、多少の直火でもいいじゃんって思うのです。
直火OKのキャンプ場ですればよいのですけどねw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 半クラ! より:

    ほっほう。
    これ見ました。
    直火に関しては、3番・4番くらいの感覚でしかいませんでした。
    芝生が焼けるのがオイラ自身心痛むとか・・・
    2番のようなことまでは考えなかったなぁ・・・
    火を使うというのは責任重大というのは判りますけどね。

  2. indigo より:

    半クラ!さん
    そうですよね~。私も1は気を使って、3、4くらい、のことを
    思ってました。
    そのくらいの考え方で良いですよね~。
    やっぱし大事なのは、火の始末、あと、灰になるまで燃してあげるってことでしょうか(笑)

  3. 自分はねぇ、難しい事は考えないの。
    でも出来るだけ、枯れ木で焚き火を心がけてるよ。
    落ちて使用できる物は使用しないとね。
    その分、地球に優しいと思っているよ。

  4. indigo より:

    →並さん
    そですね。山火事だけ注意しようっと。

  5. indigo より:

    →ど田舎民さん
    心中お察しします。
    北のほうは大変なようですねぇ。
    良い提案があります。
    あなたの所有されている土地ならば、
    「野宿禁止」とか、「焚き火禁止」という貼り紙を立てておくのです。
    そうすれば、私どものような、野宿と焚き火を楽しみとしている、
    いわゆる「一般的な常識を持っている人間」なら、人様の土地などに
    勝手に上がり込んだりはしませんし、焚き火なんてもってのほか。
    その結果、テント跡も残りませんし、ゴミも残されていくことは減るのではないでしょうか。
    自分を守りたいのであれば、このような所へコメントする前に、
    頭働かせて、行動されては如何でしょうか?
    >ゴミがゴミを呼ぶように、痕跡が次々をおまえらみたいな馬鹿を招く>のが迷惑なんだよ
    なるほど。
    それではあなたのコメントも後ほど、削除させていただきますね。
    言葉尻が汚いので、返コメも控えようと思っていましたが、可哀想に思えて、指を動かせましたが・・・。
    二度と来ないでくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です