シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dogwoodさんボランティア記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年9月18日~9月23日
20120930-1.jpg
さて、桑田佳祐2Days、松島でキャンプ三昧させていただいた翌日、青葉区にあるdogwoodさんへ行ってきました。


dogwoodさんは、ドッグラン、ドッグカフェ、Goods販売、なんと動物病院まである素敵なところ。
出発点はブリーダーさん。時々、仔犬の販売も行っているそうです。
ここに、東北大震災で被災したワンコ、ネコちゃん達が保護されています。
ボランティアの内容は、簡単に言うと、ワンコ、ネコちゃんたちのお世話、ということになるかと思います。
過ごした日々の事を書こうと思っていましたが、ここでは、これから参加してくださる方のため向けの情報として、ワタシがさせていただいた内容、事前の準備、注意事項などを書き綴りたいと思います。
あっ、ここを見る前に、dogwoodさんのHP、ブログを熟読くださいね。
dogwoodさんホームページ
dogwoodさんblog
そうそう、ここでの生活はとっても楽しいものになりました!

参加方法

dogwoodさんのHPにある、短期・長期ボランティア活動登録申込書に記入の上、FAX、もしくはメールで申し込みをします。ワタシはフリーのPDF編集ソフトなどで編集し、メールに添付して申し込みを行いました。

不明点、聞きたいことなどがあれば、ボランティア専用の連絡先があるので、そちらにご確認ください。
さて、メールを送信した翌日、スタッフの方から連絡を頂きました。日にち、仕事内容、宿泊場所などの打ち合わせを簡単に済ませました。
とりあえずですね、「行こっ!」という気持ちだけあれば、誰でも参加できるボランティアだと思います。

宿泊先など

男性は、施設内にあるボランティア用宿泊施設を利用できます。
プレハブを利用したものですので(とはいえ、ワンルームマンションみたいな感じ)人数に限りはありますが、何一つ、不自由がない暮らし(暮らしで良いのか?w)ができると思います。
あ、なお、シャワーもありますので、自分が使う石鹸、シャンプーはご持参ください。もちろんタオルも。
また、人が寝た布団に寝れないとかいう方(ボランティアさんであまりいないと思いますが・・)方は、シーツをご用意ください。
女性は、オーナーさんのご実家(秋保)に宿泊が可能です。
行ったことはありませんが、宿泊施設に関してはコチラが参考になるかと思います。

食事

施設内にあるカフェ様より、ボランティア飯(通称ボラ飯)お昼、晩御飯をいただけます。
20120930-2.jpg
はっきり言って、「マジか!!」と思うくらいウマイです!
また、これをボランティアみんなで食べるんですが、それがまた楽しい!
はっきり言って、これのおかげでやる気が何度湧いたことでしょう・・・。
また、ご飯を食べながら、ボラさんお互いの事を話したり、ワンコの情報交換をしたりと大切な場所・時間でもあります。
それと、運が良ければ、地元ボラさん手作りのスイーツやお菓子、ケーキなどがデザートでいただけますw

作業内容

作業なんて書くと大げさですね。ま、ひととおりやったお手伝いの内容を書きます。
朝:8時頃
ワンコの散歩準備をします。ウンチ掃除用のちりとり、オシッコ消毒用の石灰水はペットボトルに、古くなったビルコン液(消毒用の液体です)は「じょうろ」に入れて用意。それとワンコの飲み水と容器。
20120930-5.jpg
それらを散歩させるフィールドに適度な間隔を取り、置いていきます。
そうそう、飲み水用の食器は、孤立させて置きましょう。
神経質な子は、近くにウンチがあるだけで水を飲めない子もいるそうです。
(Aさん、教えてくれてありがとう!!)
それと、飲みたそうにしていて飲まない子、一度匂いを嗅いでそっぽを向いちゃう子などがいたら、既存のお水を一度捨て、新しいお水を注いであげると飲んでくれるかもしれません。
朝:8:30~ ミーティング。
朝夕と、ワンコの散歩をするのですが、犬舎が3つに分かれていて(大型犬・小型中型犬など)どの犬舎から犬出しを行うか?また、前日、ウンチが軟便だった子の情報、そのた注意事項などを行います。
ワンコにはリード・カラーを2つ付けます。リードが切れた際の防護措置です。
プレハブの犬舎から出たワンコを外に連れて行きます。
連れて行く際、柵を出るのですが、過去に脱走したワンコなどがいたため、柵を出入りする際は必ず声掛けします。
「○○ちゃん出まーす」「○○君、帰りました~」とか。
また、ワンコ同士、鉢合わせをさせない為にも、声だしは重要です。
散歩はフィールドと呼ばれる(ここではドッグランの事をフィールドと呼びます)場所で散歩させます。
朝の話を書いているのに、写真が夜ですみません・・・。
20120930-3.jpg


これが現在工事中のフィールド

20120930-9.jpg

これが隣接されている貸切用フィールド

おっと、その前に、ホワイトボードにチェック表があるので、連れて行くワンコにマグネットで印をつけます。
また、帰ってきた際に、ウンチ良・軟便・下痢などのチェックも付けます。
20120930-4.jpg
暗くてスミマセン。右下に見えるのがホワイトボードです。初めての方は、ワンコの顔と名前が一致しないと思います。そんな時はカラーを見てください。ワンコの名前がテプラで貼り付けてあります。
一部、貼り付けされていないワンコもいるので、その際は、犬出ししている方に聞きましょう~。
さて、フィールドに出たら、他のワンコとなるべく鉢合わせしないよう、間隔を置いて散歩させます。
男の子はマナーベルトをしているので、オシッコはシーツに吸収されますが、女の子がオシッコしたら、石灰水、ビルコン液をかけて消毒します。
ワタシはとにかく、ウンチをしてもらうように努力しました。
草場の匂いを嗅いでもらったり、軽い運動をしてもらったり。
ウンチをしたら状態チェック。とっても大事なことです。
チェックをしたら、ちりとりで掃除します。ちりとりで取ったウンチ君たちは、後でまとめて処理します。
散歩するワンコの数は・・1人、どのくらいかなぁ。その日のボラさんの人数にもよると思うのですが、少ないときで7~8頭、多い時で、10頭以上といったところでしょうか。
でもワタシはこの時間が一番楽しかったです。
散歩してると、時があっという間に流れます。ホント早いです。終わるのは11時半頃でしょうかねぇ。
散歩終了したら、散歩前に置いて行った、じょうろ、飲み水、ウンチが入ったちりとりwなどを回収します。
その後は、洗い物一筋。
飲み水、ご飯の食器を洗剤で洗い、ビルコン液に1時間以上漬けておきます。
1時間以上経ったら、水洗いし、食器を並べて乾かします。
20120930-6.jpg
同時に、ワンコが使ったタオル類の洗濯を始めます。
手でもみ洗い→脱水→ビルコン液に漬ける→脱水→通常に洗濯→脱水→乾燥
だったかな。洗濯は手間がかかります。
これらの仕事を、分担されたわけでもないのに、皆てきぱきと進めていきます。
20120930-10.jpg
はじめて行かれる方で、何をすれば?って人は「何かやることありますかぁ~?」と聞いちゃいましょう!必ず、何かしらやることがあります。みんなやるときは初めて。なにも恥ずかしいことなどありません!
お昼:12:30頃
食器を洗い終わる頃、お待ちかねのお昼となります!
ワタシは、今日のご飯は何かしら?と考えながら洗い物ばっかりしていた記憶があります(笑)
洗濯は、午前中では終わらないので、午後に回します。
午後は洗濯一筋だったかな。
天気が良い日であれば、デッキで干せるのですが、雨降りの日などは、乾燥機をフル活動させるのです。
乾燥機にも限界があるので、大量の洗濯物を乾かすのには時間がかかります。
とはいえ。。
洗濯もスムーズに終わり、運が良ければ
20120930-7.jpg
乗馬できたりしますよ!
また、午後、時間があるときに、外散歩に行けます。
20120930-8.jpg
この写真、好きなんですよね。「早く行こうよ~~」と言ってるみたいで(笑)
そんな感じで、夕方になります。
夕方は夜ご飯(あ、人間のねw)を頂いて、その後、ワンコの散歩に入ります。
あ、散歩前はワンコへご飯を食べてもらいます。
ご飯あげは限られた人しかできないお仕事です。
その後は、朝と同じくしてワンコの散歩をします。
散歩が終われば、ちりとりなどの片付け、食器洗い、それらが終わればお疲れ様~~となります。
早いときで、10時頃かな?ボラさんが少ないとそれなりに時間はかかりますが、なるべく、ワンコにはたっぷり散歩させてやりたいものです。あ、それとウンチもしてもらいたい。。。w
それからボラハウスに戻り、シャワーを浴び、泥のように眠ります(笑)
以上が作業の内容です。
※これはワタシが参加したときの手順です。時期によって、内容が変化しますので、あくまで、参考、イメージとし、実際の作業は、現地入りしてからご確認ください。

注意事項など

dogwoodさんのHPにもありますが・・・
・まず、必ずボランティア保険には入りましょう。入らないで怪我した場合は、誰も幸せになることはありません。
社会福祉協議会でチェック!!
・汚れても良い服で臨みましょう。ツナギとか作業着ががもしかしたらベストかもしれませんが、私のようにデニムでも問題なくお手伝いできました。ま、季節によりますが・・・。
・軍手・長靴・雨カッパは自前を持っていきましょう。
・マイボトル・コップを持っていきましょう。(コーラなど飲み物は自由に飲むことができます)
と、dogwoodさんのHPで書いてあることだけですが・・・w
とにかく、ボランティア保険だけは絶対に入りましょう。
その他、敷居が高いことは何一つありません。

思ったこと

恒常的にボランティア不足が続いているそうで、震災の爪痕の大きさを改めて思い知りました。
もう一年半も経ったんだ・・・
ではなく、一年半しか経ってないのです。
地元ボランティアさんとお話しする機会がありましたが、平日の仕事終わりに夜のボランティアに来ているそうです。「もう限界・・」というようなお話を伺い、胸が痛くなりました。。
それでも、その方はボランティアを続けていらっしゃいます。
「この子たちは俺たちが守ってやる」とおっしゃっていることを聞き、頭が下がる思いです。
ワタシは始め、桑田佳祐のライブついでに、ボランティアなんて、動機が不純なのでは?と自問自答しておりましたが、今では、そんなきっかけを作ってくれた桑田さんに感謝したいし、どんな理由であれ、ボランティアに参加することは、決して無駄にはならない、と考えることができました。
先日書いた記事のコメントでも書きましたが、人それぞれ、守るもの、大切な物があるので、それを犠牲にして東北に行く必要は全くないと思うし、行ったとしても、誰一人、幸せになる人はいないと思います。
だから、誰でもできることをしましょう。
それは震災の記憶をとどめておくことだと思います。
その記憶を、たまに(いつでも~)その時に出来得ることをすればよいと思います。
また、なるべく多くの人に伝え、広めていくことも大切だと思います。
それと、この子たちはしゃべったりすることができません。
やはり、我々が必要なのです。
ココから天国へ旅立っていった子も沢山います。
つらい思いもしたかもしれませんが、dogwoodさんから旅立つことができて幸せだったんじゃないかなぁ。
そういう気持ちでいっぱいになりました。
最後に、動物を飼っている方は、災害対策を!
もうやってるよ!という方も大勢いらっしゃると思いますが、もし、まだ用意していない方で、この記事を偶然にも目にした方は、すぐにお願いしますm(_ _)m
最後に、ワタシが仲良くさせてもらった子たちを紹介したいと思います。
み~んな、良い子です。
20120930-100.jpg
5kgものダイエットに成功したムサシ君は・・・
20120930-101.jpg
調子が良いと5秒ごとにする足あげダンスが印象的w
20120930-102.jpg
ラブちゃんはトリミング後ですっきり。
20120930-103.jpg
天真爛漫なニコちゃんは、お山好きw
20120930-104.jpg
背中がサイコロの「1」の小雪ちゃん
20120930-105.jpg
聞き分けが良いですねぇ~~。
20120930-106.jpg
アタシそんなに軽いオンナじゃないわよ、と言ってるようなメイちゃんは一番最初に友達になりました。
テンションの高さと、聞き分けの良さが印象的・・・。
20120930-107.jpg
何思う、タブリンちゃん。
20120930-108.jpg
威風堂々、シロちゃん。
20120930-109.jpg
笑ってる?ガルベス君。立たせちゃってごめんね。
20120930-110.jpg
遊んでくれたくぅ~ちゃん。
20120930-111.jpg
お鼻の模様が特徴的、ハナちゃん。
20120930-112.jpg
美人?美男?みぃーちゃん。
20120930-113.jpg
撫でるとお腹を見せてくれたマーチンちゃん。
20120930-114.jpg
ウチの愛犬と名前が同じ。そら君。
20120930-115.jpg
老け顔?(失礼!)のんちゃん。
みんなまた行くからねぇ~。
20120930-11.jpg

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. そういったボランティアもあるんですねぇ
    良い経験になったことでしょうね。
    機会があれば東北の方にボランティア活動したいんだけどねー
    年寄りは邪魔になるかしら(笑)

  2. 半クラ!! より:

    感動しました。
    このようなボランティアもあるんですね~。
    nabeちゃんの行動力に脱帽です。
    今度色々聞かせてね。

  3. nabe より:

    >たそがれさん、どうもです!
    > そういったボランティアもあるんですねぇ
    > 良い経験になったことでしょうね。
    ハイ、最初は足が悪いので、諦めていたのですが、犬の世話ならいつもしているし・・
    ということで参加しました。足の不自由さは一切感じなかったけどww
    > 機会があれば東北の方にボランティア活動したいんだけどねー
    > 年寄りは邪魔になるかしら(笑)
    ボランティアって、老若男女関係ないです。
    その人に合った仕事が必ずあるはずです。
    ボランティアでなくても、東北旅行でも十分貢献できると思います。
    機会があれば是非!

  4. nabe より:

    >半クラ!!さん、どうもです~♪
    > 感動しました。
    いえいえ稚拙な文章ではお恥ずかしい限りです・・
    > このようなボランティアもあるんですね~。
    いろいろなボランティアがありますね。
    ワタシは9月11日にたまたま、yahooで見つけました。
    http://volunteer.yahoo.co.jp/
    > nabeちゃんの行動力に脱帽です。
    > 今度色々聞かせてね。
    いえいえ考えるより、体が動いちゃうタイプなのでww

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です