シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mac標準アプリがすごい”プレビュー” 簡単リサイズ・露出調整までできちゃう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20140118−1

ブロガーの皆さんの多くは写真を撮り、リサイズして画像をアップロードしているかと思います。

最近ではスマホで撮影、iPhoneだったら、シームレスに画像をPCに取り込み、編集している方も多いかと思います。

ワタシももちろんその1人なのですが、Windows時代はPicasaとかJtrimなんて使ってやってました。

さて、いざMacを使うようになってDefaultで入ってる”プレビュー”に驚いたのです・・。

プレビューがイイ!−標準アプリとは思えない高機能

基本的にblogで扱うような画像フォーマットはだいたい対応しています。(JPEG、TIFF、GIF、PNG、PICT、BMP、TGA、JPEG 2000、PSD)なんと、RAWデータも開けちゃいます。PDFも読めます。ワタシのデジ一はNikonなのですが、他のメーカーのRAWフォーマットでも開けるようです。ただし開くのみで、編集するためにはPNGなどのフォーマットに書き出さないといけません。

それでも起動したプレビューから書き出しができますので、手間がかかりません。今までは、LightroomなどのソフトでRAWデータを開き、画像調整して、書き出し、という形だったので、ま、なんといっても、これがDefaultアプリで、無料なんですから、その恩恵にあずかろうじゃないですか!

プレビューはFinder→アプリケーションの中にありますが、画像ファイルをクリックすることで開くことができるはずです。

センスが光る?感性が刺激される?/ 様々な調整ができる

これは、ウチのワンコの写真なのです。可愛いでしょうw

20140310-11
 ただ、ちょっと露出がアンダー気味です。暗い感じでしょ。
少し手を加えてみましょうか。
20140310-12
プレビューで画像を開き、山のようなマークをクリックすると調整パネルが開きます。
20140310-13
露出と彩度を少し上げて見た感じ。明るくなりましたね(・∀・)
20140310-14
彩度を下げるとモノクロに!
20140310-15
色温度を変えて、ブルーフィルム調に!
20140310-16
セピアを目一杯上げて見ました。古めかしい写真もお手のモノですね。
一般的?には、このくらいの画像データがあればblogには事足りると思いますが、もうちょっと手を加えることもできます。
とりあえずこんな感じですが、いかがでしょう?
創作意欲が湧いて来ませんか?
MSペイントじゃここまではできないですが、Macだったらいとも簡単にこういうことができちゃうのです!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です