シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wi-Fiの設定は自動?手動?無線が不安定な場合の対処方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
macbookair_wifi-100043977-large

ノロウィルスが脅威を振るってますね。。手洗いうがいは受験生に一番大切!と、ロザンの宇治原も言っています。

さて、前回MacBook Proのwi-fi(無線)が不安定とのことで色々診断ツールを紹介しましたが、この件に関してAppleに問い合わせてみました。

サポートに電話だ!

とりあえず、wi-fi診断で取得したdebugデータだけでも見てもらおうかなぁ〜と軽い気持ちでした。Appleのサポートwebにアクセスし、予約を取ります。

スクリーンショット 2014-03-10 22.22.28

以前、iPhoneの事でサポートを受けたことがあるのですが、Appleサポート、最高です!丁寧で無駄がなく、予約をすれば正確な時間に連絡をくれます。「待つ」といったことは無く、非常にスムーズに解決してくれます。

結果です

無線のプロファイルを手動で設定せよ、とのことでした。

実際やったのは、光の終端装置、ルーターの再起動、Mac側で無線プロファイルの手動作成、です。Apple曰く、この方法は非常に有効とのことです。

Wi-Fiプロファイルの手動設定
スクリーンショット 2014-03-10 22.24.02
まず、「システム環境設定」→「インターネットとワイヤレス」欄の「ネットワーク」を選択します。
左下の鍵マークをクリックして、設定変更が可能な状態にしておきます。「ネットワーク環境」という欄が「自動」になっってると思いますので、ココをクリックし、「ネットワーク環境を編集」と選択します。
すると、上記の画面が開きますので、「+」マークを押し、「名称未設定」のところに好きな名前(SSIDではない)を記入します。「自動」は他の無線環境で使う場合がありますので、残しておきます。「適用」ボタンを押し、暫く待つと無線が接続されるので、それで終了です。

また、Appleから推奨設定についてサポートページがありますので、載せておきます。

それで、今のところ、問題は起きていないようです。DHCPなんかは固定アドレスに対し、悪さすることが多いと経験則で覚えているのですが、似たような事象かもしれません。

また、無線のプロファイルを自動から手動に変えることで通信速度が向上した、という事象があるようですが、少なくともワタシの環境ではどちらでも変わらない、という結果に至りました。

しかし、こういう所って、やっぱり静的に設定したほうが良さそうです。PCがたくさんある環境では、DHCPも手動で設定したほうが吉なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です