シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mac Wi-Fiのその後・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ども、前回のblog更新から20日以上経ってしまってて、焦っている@nabenanoでございます。遅くなりましたが、本年もよろしくお願い致しますm(__)m

さてWi-Fiその後なのですが、ちょくちょく不安定な状態が続いておりました・・・。

ですが、ようやく解決したみたいです。

Appleのサポートを受けてから、一回だけ無線が不安定になりました、信号強度、チャネル帯、ノイズなど色々見ていましたが、特に問題のあるところはありません。なにせ、Macで使用している無線帯は802.11n、5Ghzを使用しており、近所でこの帯域を使っている方はいないと言った状況です。

Mac側でログを眺めていましたが、特にトリガーとなるログもなし・・。

ウチのルーターはKDDIからレンタルされたNECのAtermなのですが、このルータ、ログ機能が無いようで、ルータ側のログも確認できません。。

そんな折、環境設定のネットワークを眺めておりましたら・・・


Wi-Fi設定の中に、SSIDがふたつ・・。

そうなのです。KDDIからお借りしているルーターですがデュアルWirelessが使用できるものなのです。もしかしたら、この設定によって、5Ghzと2.4Ghzの間を行ったり来たり、ローミングのような状態になってるのじゃないか・・?と思って、2.4Ghzの設定は削除しました。

それから1週間ほどたちますが、無線が切れることもなく安定しております。

なんか、こういうところを見落としていて、ちょっと唖然としていましたが、トラブルって紐解くと、結構、簡単なミスで起こってることが多いんですよね・・。

ま、勉強・教訓になったということで、しばらく様子見としました。

読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です